お知らせ・新着情報

News

コラム

会社の種類や特徴とそれぞれのメリット

現代は、経済に直結するネガティブなことが多く起こる激動の時代に突入しています。

このような中で、私たちGrand Design Holdingsは、

一人でも多くの人の力になれるようにビジネスに関する有益な情報を発信しています。

現在、会社の種類は株式会社、合同会社、合資会社、合名会社の4種類です。

今回の記事では、これらの特徴について解説します。

会社の種類や特徴、メリットを解説

 

 

現在、会社の種類は株式会社、合同会社、合資会社、合名会社の4種類です。
今回はこれら4つの違いやメリット・デメリットを比較していきます。

会社は、株式会社と持分会社に分かれます。

持分会社はさらに、合同会社・合資会社・合名会社に分かれてこの区分が会社の種類となります。

これら4つは、

  • 会社が倒産した際の責任の有無
  • 出資者と経営者が一致しているかどうか

この2点で分けられています。

 

会社 株式会社 合同会社 合資会社 合名会社
会社区分 株式会社 持分式会社
有限責任社員 有限責任社員のみ 1名以上 なし
無限責任社員 なし 1名以上  無限責任社員のみ
設立費用 25万〜 6万〜
出資と経営 所有と経営が分離 出資者=経営者

 

株式会社

株式会社は有限責任の株主だけで構成されます。
有限責任は、会社が倒産した際に出資額を限度として責任を追います。

株式会社に出資した人は、株主と呼ばれ、経営者とは区別されます。

株式会社は、株主から資金を調達して、経営者が経営し、

利益が出れば株主へ還元される仕組みです。

今後、会社の成長を望むなら、資金調達の観点から、株式会社の設立をおすすめします。

ーーーーーーーー

株式会社以外の会社は持分会社と言われ、

出資者である株主と、経営者が同じである会社を指します。

ーーーーーーーー


合同会社

合同会社は、株式会社と同じく有限責任社員で設立された会社です。

株主である経営者の総意で会社を運営し、

利益配分も経営者間で自由に決めることができます。

合同会社と聞くと規模の大きい会社をイメージされる方も多いかもしれませんが、

Apple Japan、アマゾンジャパン、グーグルなどが合同会社であることはよく知られています。

会社の設立費用を安く抑えたい場合には、合同会社の設立がおすすめです。


合資会社

合資会社は、有限責任社員と無限責任社員から構成されます。

有限責任社員1名と無限責任社員1名の最低2名が必要です。

経営者は無限責任、有限社員は経営には関わりません。

合名会社

無限責任社員1名以上で設立できます。

合名会社は志を同じくする者同士が出資し合い、その出資者全員が経営者となります。

 

※有限会社

有限会社という名前の会社を聞いたことがあるかたもいるかもしれません。

有限会社は2006年の会社法改正前まで設立できた会社で、

株式会社よりも安い資本金で設立できました。

しかし、会社法改正後は、株式会社の資本金が1円以上から設立できるようになりました。

そのため、有限会社は現在、存続のみ有効となっています。

会社設立は株式会社か合同会社がおすすめ

今回は、設立できる会社について比較した情報を掲載しました。
現在設立できる会社は株式会社、合同会社、合資会社、合名会社の4種類です。

この4つは会社が倒産した場合の責任の有無と

出資者と経営者が一致しているかどうかで区別されます。


今後、会社を成長させたいと考えている場合には、株式会社の設立がおすすめです。

費用を押さえて会社を設立したいなら、合同会社が良いでしょう。

ご視聴いただきありがとうございました。

記事一覧へ戻る

Index