お知らせ・新着情報

News

コラム

会社設立の方法。手続きとやり方を解説

現代は、経済に直結するネガティブなことが多く起こる激動の時代に突入しています。

このような中で、私たちGrand Design Holdingsは、

一人でも多くの人の力になれるようにビジネスに関する有益な情報を発信しています。

今回の投稿では、会社設立を考えている方へ、具体的なやり方や手続き方法について解説いたします。


会社設立の具体的な方法とは?


会社設立をスムーズに行うためには、事前の準備が重要です。

必要書類を集めて登記申請として、税務署に書類を提出します。

会社設立の手続きとその流れを順を追って紹介していきます。


会社設立に流れ

会社設立の大きな流れは以下の通りです。

  • 基礎情報の決定
  • 定款の作成と認証
  • 資本金の支払い
  • 法務局での登記申請
  • 優秀な人材の確保

 

基礎情報の決定

基礎情報を決める際には、少なくとも以下のことを決定します。

  • 会社の形態(「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」から選択)
  • 商号(会社名)
  • 事業内容
  • 所在地
  • 資本金
  • 出資者と出資額
  • 役員

 

定款の作成と認証

定款(ていかん)とは、先の項で決定した会社概要をまとめて書面にしたものです。

定款のテンプレートは法務省のサイトからダウンロードできます。

会社の規模や形態により、記入項目が異なるため注意しましょう。

定款は3部用意して、発起人の実印を押します。

その後、定款の認証のための手続きをします。

予め公証役場に予約して持参するか、会計ソフトを通して電子認証できる電子定款があります。

※定款が必要なのは株式会社で、持分式会社の場合には必要ありません。

資本金の支払い

定款の認証が完了したあとに、発起人の個人口座に資本金を支払います。

後の申請で資本金の支払い証明として、通帳の表紙と残高のコピーが必要になります。

登記申請の書類準備と提出

法務局での申請には、一般的に司法書士に作成を依頼します。

申請で必要な書類は以下の通りです。

 
  登記申請書
  登録免許税分の収入印紙を貼り付けた納付用台紙
  定款
  発起人の決定書
  設立時取締役の就任承諾書
  設立時代表取締役の就任承諾書
  設立時取締役の印鑑証明書
  資本金の払込があったことを証する書面
  印鑑届書
  「登記すべき事項」を記載した書面又は保存したCD-R

 

※必要書類は、設立する会社形態や資本金により異なることがあります。

詳しくは担当してもらう司法書士にご確認ください。

登記を申請した日が会社の設立日となり、申請から10日程度で登記が完了します。

会社設立後の手続き

会社の登記が終わってから事業を開始するまでの手続きは以下の通りです。

  • 税務署にて法人税の手続き
  • 各都道府県・市町村に法人設立届け出
  • 年金事務所へ社会保険の加入手続き
  • 法人口座の解説

従業員を雇い入れる場合には、これとは別でハローワークへの申請も必要になります。

税務署にて法人税の手続き

税務署へ、法人税についての手続きをします。

必要書類は以下の通りです。


  法人設立届出書
  青色申告の承認申請書
  給与支払事務所等の開設届出書
  源泉徴収税の納期の特例の承認に関する申請書
  給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書

 

これらを管轄の税務署へ提出します。

※給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書は従業員を雇う場合に必要です

各都道府県・市町村に法人設立届け出

法人住民税と法人事業税は、事業所在地である各都道府県と市町村に納税します。

会社登記のあと、税務署に必要書類を提出したら該当の役場に法人設立届出書を提出しましょう。

その際の必要書類は各役場によって異なるため、Webサイトで事前に確認することをおすすめします。

年金事務所へ社会保険の加入手続き

社会保険(国民保険と雇用年金)の手続きは管轄の年金事務所で行います。

従業員を雇わない場合でも、原則として加入する必要があります。

こちらは、提出期限が短いため、速やかに手続をしましょう。

法人口座の開設

法人口座とは、銀行の口座の中でも通帳名が会社の名前になっています。

開設には、会社の登記簿謄本、定款、会社印、

代表者の実印と印鑑証明書、身分証明書などが必要です。

法人口座は取引の際に使用しますが、このときの通帳が個人名でも法的な問題はありません。

ですが、法人口座は個人口座と比べて審査が厳しいため、

社会的な信用が増し、融資を受けやすくなるメリットがあります。

 

従業員を雇う場合の手続き

 

会社設立後に、従業員を雇う場合は別途以下の手続きが必要となります。

  • 労働保険の加入手続きと労働基準局への届け出
  • ハローワークへの届け出

 

労働保険の加入手続きと労働基準局への届け出

労働基準局へは、労働保険(労災保険・雇用保険)の手続きをします。

ハローワークへの届け出

労働基準局でも届け出が完了したら、管轄のハローワーク(職業安定所)で雇用保険の手続きをします。

会社設立の手続きは事前準備が重要

 

今回の記事では、会社の設立に関する流れと手続きについて解説しました。

会社設立の手続きは複雑で準備するべき書類も多いので、

事前に必要なものを確認しておくことで大幅な時間短縮になります。

 

ご覧いただきありがとうございました。

記事一覧へ戻る

Index